Social

Follow us

「サンペレグリノ ヤングシェフ 2020」開催決定

S.Pellegrino Young Chef 2019-2020版

世界中の才能あふれるシェフを発掘する「サンペレグリノ ヤングシェフ2019-2020」の実施が決定しました。第4回目を数える本大会の開催を発表できることを、サンペレグリノ社は誇らしく思っております。

第3回目を数えた前年度の大会には、世界各国から数千名の応募が寄せられ、ガストロノミー界での活躍を目指す若手料理人にとってかけがえのない数々の出会いや、機会が得られたことでしょう。日本の藤尾康浩氏がミラノで開催された決勝大会にて念願のタイトルを手にしました。

地区大会の変更

第4回目の大会ではいくつかの変更点があります。まず、開催地です。地区大会の開催は、参加者は勤務するレストランの地域によりこれまでの21地域ではなく12の地域に分けられることになりました。

新たな賞の発表

当大会では地区大会決勝大会共にいくつかの新しい賞が発表されます。各地区大会決勝では4名の受賞者が発表されます。

決勝戦進出の最優秀「サンペレグリノ ヤングシェフ」候補者、食に対する信条を一皿に表現したシェフに贈られる「ファイン・ダイニング・ラバーズ賞(Fine Dining Lovers Food for Thoughts Award)」、料理の力が持つ社会的影響力を提唱する一皿を称える「サンペレグリノ賞(S.Pellegrino Award for Social Responsibility)」、異文化の交わりが表現されている一皿を称える「アクアパンナ賞(Acqua Panna Award for Connection in Gastronomy)」が選出されます。

これらの賞は「サンペレグリノ ヤングシェフ2019-2020」の優勝者と共に決勝大会でも発表されます。

大会への参加方法

選考は所属地域ごとに、その応募内容がイタリアの国際的な料理学校であるALMAによって評価されます。地区大会出場者は次のようなゴールデンルールに従い選抜されます:

‐ 技術

‐ 創造性

‐ 信念

本大会へのオンライン申し込みは、201924日から受け付け開始します。応募資格、最新の大会規約を確認して、今すぐシグネチャーディッシュ作成の研究に取り掛かってください。

若手料理人の才能を称えるこのユニークで、世界規模のコンクールの雰囲気をこちらの映像でお楽しみください。

「サンペレグリノ ヤングシェフ」についての最新情報は、Instagram(インスタグラム)、Facebook(フェースブック)もぜひご覧ください。#SPYoungChef #sanpellegrino #tastefulmoments

Up

View in portrait mode.