Social

Follow us

フランス地区代表は安發伸太郎さんに決定

サンペレグリノ_投稿_SPYC_仏

2016年5月15日

すべてはパリのルコール・フェランディで起こりました。熾烈な挑戦であった一日を終え、安發伸太郎が「サンペレグリノ ヤングシェフ 2016」のフランス最終戦で勝利を収めました。

皿の上の緻密さと正確さ両方において強調された彼のシグネチャー・ディッシュ サバの燻製とジャガイモが栄冠を勝ち取りました。ヤニック・アレノ、アレクサンドル・ゴーティエ、マチュー・ヴィアネイから成るフランスの審査員がその勝者を選びました。

ホテル・ブリストル内レストラン・エピキュールに勤めるそのスー・シェフが、10月15日にミラノで開催される決勝大会で、フランスの代表を務めます。この若きシェフはさらに、メンターであるヤニック・アレノとともに、パリ・グランルーで催された記念イベント「スターの中のディナー」では、特別に料理を披露しました。

数か月先に控える19名のインターナショナルファイナリストとの対決に向け、安發がシグネチャー・ディッシュの複雑な工程を完璧なものにするようアレノ氏がメンターとして指導を行います。

 

Up

View in portrait mode.