Social
Follow us

S.Pellegrino Young Chef Grand Finaleのハイライト

S.Pellegrino Young Chef Grand Finaleのハイライト

イタリア、ミラノでは3日間にわたってS.Pellegrino Young Chef Academy 2021大会のGrand Finaleが開催され、各種イベントが行われました。最終日となる10月30日の夜には、盛大なイベントの締めくくりとして華やかな授賞式が行われました。授賞式の様子は世界中にライブ配信されました。
すべてのシェフの夢である優勝の栄冠を手に入れたのは、イギリスおよび北欧地区代表Jerome Ianmark Calayagでした。メンターシェフDavid Ljungqvistのサポートを受け、Calayagは奥深い味わいが凝縮されたシグネチャーディッシュ「Humble Vegetables」で審査員団を驚かせました。審査員団は、「今私たちはもっとサステナブルに考え、行動するべき時代を迎えています。驚くほどシンプルでありきたりな食材でも、驚くほどおいしい料理は作れるのです」と料理を絶賛し、Calayagにスタンディングオベーションを送りました。

Calayagがシグネチャーディッシュで感動させた審査員団は、Enrico Bartolini(イタリア)、Manu Buffara(ブラジル)、Andreas Caminada(スイス)、Mauro Colagreco(フランス)、Gavin Kaysen(アメリカ)、 Clare Smyth(イギリス)と料理会の大物シェフで構成されていました。予期せぬ事態によりタイ国外への渡航ができなかったタイ人シェフPim Techamuanvivitは、動画リンクでサポートの声を寄せてくださいました。

若手シェフが、社会や環境の変化を促すきっかけとして独自の料理の才能を活用できるよう後押しするため、授賞式では3つの追加賞の受賞者も発表されました。「S.Pellegrino Award for Social Responsibility」の受賞者にはアフリカ・中東地区代表Callan Austinが選ばれました。「Acqua Panna Award for Connection in Gastronomy」の受賞者には同じくアフリカ・中東地区代表のElissa Abou Tasseが選ばれました。また、美食界のオンラインマガジンの読者の投票で決まる「Fine Dining Lovers Food for Thought Award」の受賞者には、スペイン・イベリア半島・地中海地区代表Andrea Ravasioが選ばれました。

3日間のイベント開催期間中、サステナビリティや社会的責任といったトピックから、クリエイティビティと体験のの創出をつなぐ架け橋やブランディング、コミュニケーションといったトピックまで、多岐にわたるトピックを扱う3つの専門ワークショップも開催されました。ワークショップを通して、参加者にはさまざまな考えるきっかけが提供されました。

さらに注目イベントとしてFine Dining Lovers企画のS.Pellegrino Young Chef Academy Brain Food Forumが初めて開催されました。このフォーラムには、スペシャルゲストとしてMassimo BotturaVirgilio Martinezをお招きし、審査員団のシェフや歴代大会の優勝者と共に、自らの体験や見解についてお話していただきました。参加者にとって本フォーラムは非常に刺激となる体験となりました。若手シェフからは、非常にさまざまな内容の質問が多数ゲストに寄せられ、参加した若手シェフの料理への熱い想いが伝わってきました。

最先端の調理法を駆使し、伝統的なペルー料理を追求していることで有名なMartinezシェフは、「常に新たなアイデアやさまざまなアプローチを受け入れることが大切です」と若手シェフにアドバイスを送りました。

フォーラムの最後に非営利団体「Food for Soul」の創設者であるBotturaは、次のようにコメントし会場の若手シェフを驚かせました。「S.Pellegrino、Acqua Panna、そしてFood For Soulは特別な関係を築いています。この特別な関係を大切にするため、当団体が世界各地で運営するコミュニティハブ「Refettorios」は、S.Pellegrino Young Chef Academyの全会員の皆様をインターンとして受け入れ、美食界に革命を起こすシェフの一人となれるようトレーニングを提供していきたいと考えています」会場の若手シェフたちは、このまたとない申し出を温かく受け入れました。
 

S.Pellegrino Young Chef Academyが行っているすべての活動に関する詳細は、こちら(https://www.sanpellegrinoyoungchefacademy.com)にアクセスしてご確認ください。 

Up

View in portrait mode.