Social

Follow us

S.Pellegrino Young Chef 2018 にて藤尾康浩氏が勝利

S.Pellegrino Young Chef 2018勝者

日本地区代表の藤尾康浩氏の S.Pellegrino Young Chef 2018 までの道のりは、5月13日晩、今年度の栄冠に輝き、エキサイティングなクライマックスをむかえ、幕を閉じました。5月12日と13日、イタリア ミラノで行われた二日間に渡り開催されたGrand Finale では、シグネチャー・ディッシュを審査団に提供する最初で最後の機会となることから、熾烈で高揚した21名の若きシェフファイナリストたちが栄冠をかけてしのぎを削りあいました。

七賢人(セブンセージと呼ばれる審査員は、今年も世界一流クラスのシェフの顔ぶれが揃いました。ヴィルジリオ・マルティネス、マルガリータ・フォレス、ブレット・グラハム、アニー・フェオルデ、ドミニク・クレン、アナ・ロス、ポール・パイレ。審査団からの今年のメッセージは明白で、審査団は、料理に「その人の心が存在すること」そして「厨房での誠実さ」を探求すると説明しました。

藤尾康浩は、サンペレグリノ ヤングシェフで栄冠を勝ち取り、国際舞台の初登壇で広く認知を受け、有能な若手料理人としてトップ集団の仲間入りを果たしました。前年度までの優勝者、ミッチ・リーンハード氏(アメリカ、2016年度)とマーク・モリアティ氏(イギリス、2015年度)も授賞式に立ち合い、サンペレグリノ ヤングシェフコンクールが彼らに与えた機会と人とのつながりについて語り、受賞発表前にファイナリストたちに向けて激励のスピーチを行いました。そして、モリアティ氏は「今あなたがやっていることを強く信じてください。」と語りかけました。

勝利を決めたオリジナル料理

藤尾康浩氏はメンターのルカ・ファンティン氏を傍らに、自身のシグネチャー料理は日本の伝統を讃えていると語りました。若く才能豊かなシェフは、夏の間の限られた時期にしか手に入らない、甘みを持つ日本の川魚のを選びました。シグネチャー・ディッシュを構成する「緑色の風味」の要素の一つ一つは、記憶をたどり、鮎が生息する美しい川の匂いや味の再現であることを説明しました。

S.Pellegrino Young Chef 2018 にて藤尾康浩氏が勝利

そのほかの賞受賞者

藤尾康浩氏はさらにアクアパンナ テイスト オブ オーセンティシテイー賞も受賞しました。この賞の審査は21名のメンターによって行われ、今年度は、奇遇にもメンターと審査団の選択が一致していました。エリザベス・プキオ・ランデオ氏(南アメリカ)はオンライン人気投票を獲得し、ファインダイニング・ラヴァーズ ピープルズチョイス賞を受賞しました。ランデオ氏はペルーの味をベースにして、彼女の母と自身の幼少期の思い出にちなんだシグネチャー・ディッシュを披露しました。

まとめ: 受賞者

S.Pellegrino Young Chef 2018: 藤尾康浩氏 (日本)
Acqua Panna – Taste of Authenticity Award: 藤尾康浩氏 (日本)
Fine Dining Lovers People’s Choice Award: エリザベス・プキオ・ランデオ氏(南アメリカ)

 

 

Up

View in portrait mode.