Social
Follow us

S.Pellegrinoは、Food for Soulとパートナーシップ関係を開始

S.PellegrinoとFood for Soulのパートナーシップ

S.PellegrinoはFood for Soulの「インクルージョンとレジリエンスを実現しつつ、フードシステムの健全性を改善し、廃棄食品を削減する」という世界規模のミッションを支援するため同団体と協力して取り組みを行います。

2016年、Chef Massimo BotturaとLara Gilmoreによって立ち上げられたFood for Soulは、地元の団体、生産者、アーティスト、建築家、地域社会の責任者と連携し、十分に活用されていないスペースを「Refettorios」に変えるため、リノベーションに取り組んでいます。Refettoriosとは余剰食材を使用した栄養価の高い食事を必要としている人々に提供するコミュニティハブで、現在までに同団体はミラノやリオデジャネイロなど、世界中で10か所のRefettorios を開設しています。

Stefano Marini, Sanpellegrino GroupのCEO、Stefano Mariniは次のようにコメントしています。「Food for Soulの多様なパートナーネットワークの一員となることは、当社にとって社会変革を実現し、良い方向へと人々の生活を形成するという当社のコミットメントを強化する非常に今後が楽しみな機会となります」

Chef Massimo Botturaは次のようにコメントしています。「さらに持続可能な未来は、一人の力で築けるものではなく、多くの人々の行動が集約されてこそ実現できるものです。S.Pellegrinoと世界中のシェフの皆様の協力があれば、私たちは若いシェフの皆様に、自ら行動を起こし、廃棄食品ゼロのより良い未来へと人々を先導する気持ちを持たせることができるでしょう」

新たなパートナーシップの中核には、「ホスピタリティの価値」そして「おいしさとクリエイティビティの力」は良い方向に人々の生活を変えることができるという共通の信念があり、その信念を主軸に共通の価値を創造し、文化を変えることを目指します。

Up

View in portrait mode.