Social

Follow us

「ガストロノトレンズ」で
ミシュランガイドと提携

2017年3月13日

「サンペレグリノ」ミシュランガイドと提携し、ベルギー・ブリュッセルで開催された初のガストロノトレンズデーに参画しました。ミシュランガイドが企画運営したこのイベントには、ヨーロッパ各地からトップスターシェフ190人が集まり「食の未来」について話し合いました。

サンペレグリノ社の代表取締役社長兼CEOステファノ・アゴスティーニ氏は「ガストロノトレンズ」に出席し、「このプロジェクトの着想は2年前でした。そして、今夜この試みが実現しました」と語り、さらに当日の参加者のアプローチについて、「意欲的な雰囲気の中、シェフは多くの関心と情熱を示してくださいました。」とコメントしました。

「顧客体験」、「デジタル化」、「文化の衝突」、「サステナビリティ」など幅広いバックグラウンドを持つ4人のエキスパートにより、シェフにとって示唆に富むワークショップが構成されました。

その席では初めて「次世代のシェフ」を称賛する特別賞が発表されました。2017 「サンペレグリノ」ミシュラン ヤングシェフアワード(ヨーロッパ地域)は、ステファノ・アゴスティーニから、デンマークのオーフスのレストラン「ドメスティック」のモーテンフロレック・ラスタッドクリストファー・ノートンに授与されました。

「私たちは初めての星を二週間前に受けました。そして今この賞を受賞したことは、まるで夢のようです!」。ブリュッセルEGGの壇上で受賞者は語りました。

世界中の若手シェフの才能を探す「サンペレグリノ ヤングシェフ」の前年度のファイナリスト、パオロ・グリッファ安發伸太郎アンドレア・ミアコーラ3人による料理が晩餐会で披露されました。

2017年のミシュランヨーロッパ主要都市ガイドの第36回目のセレクションも、同日に発表されました。この本には20ヵ国44都市のすばらしいレストランが2332軒紹介されており、ヨーロッパ各地を旅行する美食家ためのリファレンスとして、特に専用のガイドがないポーランドやハンガリーが旅先であれば役立つことでしょう。

 

Up

View in portrait mode.