Social
Follow us

S.Pellegrinoは2022年までにカーボンニュートラルをコミット

S.Pellegrino がカーボンニュートラルにコミット

S.Pellegrinoでは、今日、そして次世代の食の源を守ると同時に地球と調和した生活を育むことを大切にしています。そのため、2022年までに全ての事業活動においてカーボンニュートラルを達成するという意欲的なコミットメントを発表しました。

これは、生産、梱包、物流、自然資本という4つの主要分野で二酸化炭素排出量を削減および相殺することを意味します。

S.PellegrinoおよびAcquaPannaは、何年も前から生産工場でのエネルギー消費量削減に取り組んできました。再生可能エネルギーのみを使用し、この9年間で二酸化炭素排出量を約60%削減しました。さらにS.Pellegrinoは、材料を現地調達し、エネルギー効率の高い照明と、「水への負荷ゼロ

を実現するための雨水リサイクルシステム、「ファクトリー・オブ・ザ・フューチャー」を間もなく新規オープンします。

使用するボトルや缶はすべて100%リサイクル可能な材料を使用しており、ボトルやマルチパックの包装には再生プラスチックの使用率を増加しています。

また、私たちは、二酸化炭素の排出単位が最も低い化石燃料であるLNGを燃料とする車両のような革新的な輸送手段を通じてロジスティクスにおける炭素排出量の削減にも取り組んでいます。そして、陸上輸送と海上輸送の両方においてバイオ天然ガスに迅速に移行することで、私たちの事業活動による影響をより一層軽減しています。

最後に、AWS (Alliance for Water Stewardship) の認証に示される通り、共有水資源の持続可能な管理にも取り組んでいます。

私たちの想いが反映されたサステイナブルな取組みについての詳細はこちら

Up

View in portrait mode.