Social
Follow us

2022年版 アジアのベストレストラン50ランキング発表

2022年のアジアのベストレストラン50の受賞者

日本の東京を拠点とする「傳」(長谷川 在佑シェフ)は、S.PellegrinoとAcquaが10年連続で公式メインスポンサーを務めるアジアのベストレストラン50の2022年版で1位を獲得しました。今年、このレストランは2013年以来初めてアジアの最高のレストランの称号を授与された日本のレストランとなりました。

この地域の美食文化の豊かさを祝う新しいランキングは、2022年3月29日にバンコク、香港、東京で開催された同時ライブイベントで発表。この発表は、アジアのベストレストラン50のFacebookページとベストレストラン50のYouTubeチャンネルで放送されました。

2位と3位となったレストランは、バンコク(タイ)にあるSorn(Supaksorn Jongsiriシェフ)と日本(東京)のFlorilège(川手 寛康シェフ)でした。

これ以外にも、本イベントの前に他の部門賞が発表されました。

たとえば、Asia’s Best Female Chefの称号は、日本(
東京)のÉtéを率いる庄司夏子シェフに授与。これは、庄司氏がゲストに直接サービスを提供する6席限定のレストランです。

一方、権威あるIcon Award - Asiaは、韓国の修道女Jeong Kwanシェフに贈られました。その絶妙な野菜のレシピは、世界で最も影響力のあるシェフの何人かにインスピレーションを与えました。

一方、切望されていたAmerican Express One to Watch Awardは、マレーシアのクアラルンプールのEat and Cookが受賞しました。これは、シェフのLee Zhe XiとSoh Yong Zhiがホテルのシェフとしての職を失い、この情熱のあるプロジェクトの追求を決意したときに生まれた逆境のサクセスストーリーです。

本ニュースに関する詳細、他の受賞者を含むアジアのベストレストラン50の全リストをチェックしたい方は Finedininglovers.com にアクセスしてください。

Up

View in portrait mode.