Social

Follow us

「サンペレグリノ ヤングシェフ 2018」
審査団の発表

This is the top chef jury for S.Pellegrino Young Chef 2018

2018年2月5日

2018年度「サンペレグリノ ヤングシェフ」決勝大会の審査選考を務める審査団シェフの顔ぶれを発表いたします。

ヴィルジリオ・マルティネス、マルガリータ・フォレス、ブレット・グラハム、アニー・フェオルデ、ドミニク・クレン、アナ・ロス、ポール・ペレシェフらが第3回目を数えるこの国際コンクールの審査団、すなわち七賢人を務めます。

世界のガストロノミー界を牽引するこの7人の豪華な顔ぶれが、自らの経験、洞察と知識を終結させ、2018年5月11日から13日、ミラノで開催されるサンペレグリノ ヤングシェフ決勝大会にて、世界一の若手料理人を決定し栄冠を与えるという任務を担っています。

数千を数える応募者の中から、世界各地で開催された地区大会での熱戦を勝ち抜き、21名のヤングシェフが残りました。それぞれが考案したシグネチャー・ディッシュを、目の前の料理界の巨匠たちに印象付けられるチャンスはたった一度です。

メンターそしてメディアや視聴者が見守る中、若手料理人たちにとって、彼らのキャリアの中で、最も困難かつ挑戦的な瞬間となるでしょう。国際舞台でのライブ中継、直接対決となるシグネチャー・ディッシュの準備を通し、各シェフの勇気、決断、技術が、すべて試されます。

決勝大会への最終カウントダウンが開始されると、世界各地区を代表する21名のファイナリストはメンターシェフと協力しあい、人生が変わるような瞬間、すなわち七賢人を驚嘆させたいという思いで、シグネチャー・ディッシュの最終調整に励みます。

七賢人のプロフィールはこちらです。

ヴィルジリオ・マルティネス

新世代のラテンアメリカ料理の立役者であるマルティネスのキャリアは、彼の飽くことのない好奇心とエネルギーが根底にある。ペルー、リマで旗艦店であるセントラルレストランを夫人であるピア・レオン氏と共に経営し、3年連続ラテンアメリカのベストレストランのトップを獲得。セントラルを移転し、クスコ近郊に新しいレストランミルのオープンを控え、多忙な1年を過ごしている。

ペルーの豊かな食材を伝道する大使として、故郷ペルー原種の生態系についての情熱は、アンデスでのリサーチプロジェクトで実証されている。世界のベストレストラン50では2017年度のシェフズチョイス賞も受賞している。

マルガリータ・フォレス

フォレスシェフはシーボ・ディ・マーギ・シグネチャ・ケータリングを皮切りに、1997年にはモダンイタリアンレストランチーボをオープン、次々と人気のレストランを立ち上げるシェフであり経営者としても知られる。彼女のイタリア料理への愛情と経歴は、食に携わる経営者の間でも多大な影響力を持つ。イタリアで修業したフォレスは2012年に、イタリア料理学校カーサ・アルトゥージ初のアジアキャンパスを開校し、2016年にはアジアのベスト女性シェフに選出された。

ブレット・グラハム

オーストラリア人のブレット・グラハム氏は控えめなスタートを切っている。オーストラリアで魚介を専門にしたレストランで15歳から働き始め、ジョセフィーヌ・ピノェット賞の受賞後ロンドンへ。ザ・スクエアのフィリップ・ハワード氏のもとで修業し、ロンドンにとどまりレッドベリーをオープン。レッドベリーはミシュラン2つ星を誇り世界のドベストレストラン50では27位のロンドンで人気のレストラン。

アニー・フェオルデ

フランス生まれのフランス人。アニー・フェオルデはフランス国外で、初めて女性としてミシュランの3つ星を獲得した。イタリア、フィレンツェにて有名なエノテーカ・ピンキオーリを夫ジョルジオと経営。近年はドバイにアーティザン・バイ・エノテーカ・ピンキオーリをオープン。イタリアのトップシェフの審査員も兼任し、料理人の才能の発掘、育成においても豊かな経験をもつ。

ドミニク・クレン

ドミニク・クレンは2016年サンペレグリノ ヤングシェフの優勝者ミッチ・リーンハードのメンターを務めていたため、昨年に引き続き大会に参画するアメリカ西海岸に拠点を置く、ミシュラン2つ星のフランス人シェフ。サンフランシスコのアトリエ・クレンプチ・クレンに続き、バー・クレンはオープン間近。クレンは積極的にシェフのための討論に参加するなど、女性シェフを支援する大使としても知られている。Netflixシェフズ・テーブルノシーズン2でフィーチャーされ称賛を得た。

アナ・ロス

スロベニアのシェフであるアナ・ロスは2017年ベスト女性シェフのタイトルに輝いた。独学のシェフ、そしてスロベニアの美食の大使としての栄誉であった。ロスはイタリア国境のスロベニア コバライドで家族が経営するヒサ・フランコレストランで修業を積んだ。現在はそのレストランを夫と営みながら、食のイベントでは料理を作り、世界各地で開催されるレストラン業界向けのイベントではマスタークラスやスピーカーとして登壇もこなす。

ポール・ペレ

フランス人シェフのポール・ペレは上海にある3軒のレストランとアバンギャルドな料理で知られる。ミスター&ミセスバンドザ・チョップ・チョップ・クラブ、ミシュラン3つ星をもつ完全体験型のシークレットレストランであるウルトラバイオレットだ。2015年以来世界のベストレストラン50にランクイン。創造性に満ちたシェフはアジアのベストレストラン50で功労賞を受賞、翌2016年にはシェフズチョイス賞も獲得した。

Facebook(フェイスブック)Instagram(インスタグラム)Pinterest(ピンタレスト)のハッシュタグ#SPYoungChef グランドファイナルまでの道のりをフォローしてください。

Up

View in portrait mode.